年齢肌ケアを考える


HOME >> 洗顔を終えたばかりの10秒間はスキンケアの大きなチ



洗顔を終えたばかりの10秒間はスキンケアの大きなチ


洗顔を終えたばかりの10秒間はスキンケアの大きなチャンスタイムだということを知っておきましょう。お風呂やシャワーの後ですとか洗顔フォームなどで汚れを落としきった後の肌は、なんでも吸い込む、乾聞きったスポンジのような状態になっています。

この、短く貴重な奇跡の時間に何もしないでいるのはあまりにも惜しいことで、貴重な時間を無駄にしてしまうのは、肌にとってみればきっと、残念で仕方がないことだといえるのです。洗顔したら、手早くタオルで水気をとって化粧水をたっぷり、肌に吸わせて効果的なケアを行ないましょう。炎症を起こした状態のニキビは、顔を洗う場合などにちょっと触っただけでも痛みや刺激を感じるようになります。ですので、炎症を起こしている場合は、どんなに気になっても絶対に指で触らないでちょーだい。


指で触ると痛いだけではなく、雑菌が指から入ってしまい、さらに炎症がひどくなる可能性があります。


自分の体に合う化粧品を手に入れても使い方が間違っていたらスキンケアに必要とされる影響を得られないということになります。
間違っていない順番と使用量を守ってしようすることが必要な事です。



自分の洗顔後には化粧水やミルキーローション、クリームを順番につかってみて自分の肌に水分を与えるようにすることが大切です。
美しい白色や保湿など目的に合わせて美しくなる化粧水を使うのもいいですね。敏感肌要の方のためのスキンケア化粧水には、不必要なものが配合されていないシンプルなものを選ぶようにすることが大切です。界面活性剤などの成分が入っていたりすると、肌が突っ張り肌のトラブルが起こります。ですので、安めの化粧水でもいいので、肌にたくさん塗り、保湿を行なうことが重要です。肌の表面の脂分によって汚れが吸着したりニキビと変化することも多いです。このような肌荒れを何回も続けると、シワやシミ、たるみを引き起こしてしまいます。その予防のためにポイントは洗顔です。
たっぷりと泡立てた丁寧な洗顔を努めましょう。


ただし、一日に何回もの洗顔は、かえって肌を傷めてしまいます。

女性が妊娠、出産を経てしばらくの間はそれまでの身体の状態と大聴く変化します。特にホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)は激変しますから、多彩なトラブルが起こるようです。
シワ、肌荒れ等の肌トラブルも自覚しやすく目たちますから、悩まされている女性は多くいます。



妊娠中体内で働いていた女性ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が出産を終えると急激に減ってしまって、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。

乾燥して荒れてしまうと敏感肌にもなりやすいので、なるべく低刺激で肌にやさしい無添加製品を使いとにかく保湿を第一に考えたスキンケアに努めましょう。
とはいえ、あまり時間もとれないだといえるのですので、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かもしれません。美肌とウォーキングをすることは全く関係ないように感じてしまいますが、実際は相当深く関係しています。
歩くときに姿勢を正しくすると、スムーズに血流がお肌に流れるので、代謝が盛んになり美肌になることが可能ですし、成人病と言われる高血圧や動脈硬化などを防ぐためにも効き目があります。

洗顔石鹸に重曹をプラスしたもので顔を洗えば、お肌の汚れがとれて、シミも薄くなってきたみたいという声がネットで広まっていますが、お肌が傷ついてしまう懸念もあります。
重曹は精製の程度によって、掃除、食品、薬品などの用途に分けられます。

洗顔に使用する場合、食品用でも粒子は荒いですので、あまり力を入れて洗わないようにしましょう。そして、洗顔の後は化粧水などのスキンケアによって、潤いを補充してちょーだい。



喫煙が肌にダメだという理由をご存知だといえるのですか。肌の健康を保つためには血管による代謝が不可欠ですが、タバコに含まれる化学物質の影響で毛細血管が収縮する結果、表皮や真皮に必要な酸素・水分・栄養が届かず、老廃物が溜まります。

肌の一番外側にある表皮が劣化するとバリア機能がなくなるので、もっと太い血管のある真皮の機能までが劣化します。その結果、フェイスラインがくずれて、シワが隠しきれなくなってきます。



美容と健康のために、タバコはやめておいたほうが良いだといえるのです。
肌の荒れは、いつ起こってしまうか分かりません。毎日、きちんとスキンケアを行っていても、いろんな原因で肌荒れを起こしてしまいます。
では、肌が荒れた場合のスキンケアは、どうしたらいいだといえるのです?お肌が荒れてしまった時には、化粧品を使わない方もいますが、保湿に関しては普段より入念にすることこそが大切となってきます。


関連記事です




Copyright (c) 2014 年齢肌ケアを考える All rights reserved.

▲TOP